東機工蒲田支部 講演会報告

2010年11月12日大田産業プラザPIO 1階会議室にて研究部主催の講演会を開催しました。
定刻PM7時より宮川支部長の挨拶に続き、講師に京浜病院院長の熊谷賴佳先生を迎え「脳卒中にならないために」をテーマに講演が行われました。
支部員21名に参加いただきました。


先生のお話は、脳卒中の概念や種類、その症状と治療法方、その後遺症、また脳卒中にならないためにすべきこと、早期発見の重要性など多岐にわたりました。
生活習慣病にならない様な生活を心がける事が一番の脳卒中の予防となること、身につまされるお話で参加者皆さんが真剣な面持ちで聴講しておりました。
また日本の医療制度と地域医療の現状についてもお話を伺うことができました。
病気は自分のみならず周りの方にも負担をかけることなど、健康のありがたさや日頃の心がけの大切さを学んだ講演会でした。

 
 
支部長挨拶   講演風景   聴講する蒲田支部出席者
       
石井副支部長(石井商会)による閉会の挨拶        

 

講師略歴

1952年 大田区生まれ
1977年 慶応義塾大学医学部卒業
1977年 東京大学医学部脳神経外科学教室入局
1977年 東京警察病院脳神経外科勤務
1978年 東京大学医学部脳神経外科勤務
1978年 都立荏原病院脳神経外科勤務
1980年 自衛隊中央病院脳神経外科勤務
1984年 寺岡記念病院脳神経外科勤務
1984年 京浜病院勤務
1985年 新京浜病院院長就任
1992年 京浜病院院長就任
その後も医療法人社団京浜会設立 常務理事就任、社団法人蒲田医師会 副会長、大田区介護認定審査会合議体長など積極的に活動されています